WEBライターとして生活するための仕事獲得・管理術 フリーランス白書  » フリーライターの心得 » フリーライターが朝型がいい理由と朝型生活に戻す方法

フリーライターが朝型がいい理由と朝型生活に戻す方法

読了までの目安時間:約 3分

フリーライターをはじめ、物書きの仕事をしているとついつい夜に仕事をするというイメージが働き、生活も夜型になってしまいがちです。
 
締め切りなどが重なったり忙しくなってくると、夜遅くまであるいは徹夜で仕事をするということも多くなります。時間が自由に使えるフリーライターだからこそ、生活が不規則になってしまうことも多くなります。
 
フリーライターだからこそ、朝型の生活にして仕事を朝にするべき理由と朝型に戻す方法を紹介します。
 

朝の方が集中しやすくクオリティが上がる

朝の方が、集中して仕事をすることができます!
朝の完全に目が覚めた状態だと脳もクリアなので、仕事にも集中する事ができます。
 
よく、「夜は多くの人が寝ているから誘惑がない」といいますが、夜の方がSNSやインターネットは活発に動いているのでパソコンでの作業が多くなるライターにとっては大敵です。
 
対して、朝とくに早朝はSNSなどの動きもそこまでないので逆に誘惑は少なくなります。
 
夜に書いた文章は、どこかまとまりがなかったり、クオリティが低い場合があります。
夜は、昼間に脳が受けた情報を処理しようとする時間です。脳内はカオスな状態になっているので、まとまりがない文章になってしまいがちです。
 
より集中して仕事をするためにも、朝に仕事をしたほうが集中することができるのでクオリティが上がります。
 

朝型に生活を戻すのは簡単!

朝型の生活に戻すのはものすごく簡単です!
それは、ずばり早く寝ることです。
 
早く寝てしまえば、自動的に早く目が覚めるものです。
ついつい夜更かししてしまうという人は、あえて早く寝る生活にして、早起きできるような身体に慣らしていくようにしましょう!
 
もしくは、記事の納品作業などを朝一番にするように決めれば、早起きすることができます!
 

フリーライターこそ、早起きして仕事をしよう

生活が不規則になってしまいがちなフリーランスのライターでも、朝型で仕事をするのがオススメです。朝型の方が集中して文章を書くことが出来るほか、生活リズムも整うので集中力が出ます。
 
時間に都合がつけやすいフリーランスこそ、朝型の規則正しい生活をするようにしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿