WEBライターとして生活するための仕事獲得・管理術 フリーランス白書  » クラウドソーシング » 

クラウドソーシング3社の特徴を比較

読了までの目安時間:約 3分

クラウドソーシング大手3社を徹底比較

ライターの仕事を探すのに便利なクラウドソーシングサービスが人気です。登録されている案件の数も多く、ライター初心者でもできるような仕事を探すことが可能です。
 
今回はクラウドソーシングの大手3社を比較して、利用する上での長所となる面と短所となる面をピックアップしてみました。
 
クラウドソーシングを利用する際は、参考にしてみて下さい。

1、ランサーズ

2008年創立のランサーズは、年数が長も長く、実績もあるため仕事の数も多めです。プロからアマまでジャンルが広いので、自分のレベルにあった仕事をすることができます。
 
フリーランスの体験談やインタビューなどを連載している「Lancersマガジン」は参考になるので、初心者の人は参考になるはずです。
 
ただし、初心者向けの仕事は単価が低いので、多くの案件をこなさないといけない場合があるので注意が必要です。
 

クラウドワークス

クラウドワークスは、2012年に立ち上がったサービスなので、年月は浅いです。
ただし、数多くのメディアに取り上げられたりしているので、いま注目を集めているクラウドソーシングサービスです。
 
仕事もプロアマ問わずに多くの案件があるので、自分でもできる仕事を探すことが出来ます。
 
大手の企業もコンペ形式でロゴマークやサービスのコピーなどを募集している場合があるので、腕試しをするというのもいいかもしれません!
 
ですが、ランサーズと同様にアマチュア向けの仕事は単価が低いので、最初は経験を積むためにも多くの仕事をこなす必要があります。
 

@SOHO

2005年からサービスを提供している老舗の@SOHOは登録メンバーも20万人を突破しています。
 
利用者数が多いからか、仕事もたくさん集まっていて、細かくジャンルごとに仕事が別れているので、自分がこなせる仕事も選びやすくなっています。
 
ただ、単価の低いアマチュア向けの仕事が多めなので、専門的な仕事をしてスキルを磨きたいという人には向いていないかもしれません。

クラウドソーシングを上手に活用する方法

読了までの目安時間:約 4分

クラウドソーシングを活用する時に気をつけたい3つの事

フリーのライターとして仕事をする時に、活用すると便利なのがクラウドソーシングです。プロアマ問わず多くの仕事があるので、ライターの仕事もたくさん集まっています。
 
近年注目が集まっているクラウドソーシングを上手く活用して仕事をもらうための方法を3つ紹介します。
 

1.自分のレベルにあった仕事を選ぶ

クラウドソーシングでは、プロ向けの仕事やアマチュアでも可能な仕事など、様々な種類の仕事があります。
 
ハイレベルな専門性の高い仕事をしたり、アマチュア向けや、そこまで専門的な知識が不要という仕事もあります。
 
仕事の内容をよく確認して、仕事を選ぶようにしましょう!
 

2.執筆時間と単価を考える

クラウドソーシングの仕事の中には、文章を作成する時間に対して、記事の単価が安い案件も存在します。
 
大抵は、専門知識が不要な誰でもできるような仕事は単価が低いので、時給で換算するとわずかな報酬しか発生しない場合があります。
 
執筆にかかる時間と単価のバランスを考えて仕事を選ぶようにしましょう。記事や仕事の単価は、ライターとしての自分の価値に直結するものです。自分のライターとしての価値をよく考えて仕事を選びましょう!
 

3.専門的な記事にもトライする

アマチュア向けの仕事になれてきて、記事の作成にも慣れてきて、ある程度の知識がついたら、専門的な仕事にも挑戦してみるといいでしょう!
 
専門性があったり、レベルの高い仕事は単価も高く時間もかかる場合があります。
 
専門性のある仕事をこなせれば、次からも単価の高い仕事をすることができたり、単価の高い仕事の依頼が来る可能性もあります。
 
クラウドソーシングでの仕事にある程度、慣れてきたら専門的な仕事をするトライしてみましょう!特にこれからプロのライターを目指している方は時給を考えず投資と思って、難しい案件にチャレンジするといいと思います。
 

クラウドソーシングを上手く活用して仕事をしよう!>

仕事を探す時に、クラウドソーシングを上手く活用すれば、自分のレベルにあった仕事を探すことが出来ます。作成時間や単価なども考慮に入れて仕事をさがしてみてください!

カテゴリー
最近の投稿