WEBライターとして生活するための仕事獲得・管理術 フリーランス白書  » 仕事獲得術 » フリーランスは自分のブログを持っておいた方がいい3つの理由

フリーランスは自分のブログを持っておいた方がいい3つの理由

読了までの目安時間:約 3分

フリーランスの人は、自分でブログを書いて積極的に情報を発信していくべきです。ブログといっても、日常の日記のようなものを書くのでは無く、あくまでも“情報”を書いていくブログです。
 
情報発信の場だとSNSを使うというのもありですが、SNSだとせっかく自分が発信した情報でも蓄積されずに流れてしまったり、Googleの検索流入に引っかかることなく、自分の存在をアピールすることができません。
 
フリーランスの人こそブログを持っておいた方がいい理由を3つ紹介するので、今日からブログを書いてみてはいかがでしょうか。
 

1.自分がどんな文章を書いているかをアピールできる

ブログは、自分がどんなジャンルの文章が得意なのか、どんなことが気になっているのかをアピールする絶好のチャンスです。
 
得意なこと、興味のあることの情報をブログで書いておけば、自分がどういった文章が書けるのかを多くの人が知ることになります。
 
文章力や文体などもアピールすることができるので、ブログを日々更新するといいでしょう!
 

2.ブログから仕事が舞い込んでくる

ブログから仕事が舞い込んでくる可能性があります。
 
フリーランスのライターやデザイナーなど、企業が探す場合はネットで検索することも多いです。
ホームページよりも、ブログの方が「この人はこういったジャンルが得意」ということが、すぐに分かるので、仕事が来やすくなります。
 
ブログの著者欄のプロフィールに力を入れて書くといいでしょう。
もちろん、ブログには自分の連絡先をキチンと書くことを忘れずに!
 

3.PVが増えれば大きな収入源になる

ブログにアドセンスなどの広告を貼っておけば、PV(ページビュー)が増えれば、大きな収入源となる可能性もあります。
 
ブログからの収入で暮らしている人もいるくらい、PVが増えればフリーランスとしては、大きな収入源になります。
 
多くの人に読まれたりSNSでシェアされるような良質なコンテンツを書くようにして、ブログのマネタイズをしてみましょう!
 

フリーランスこそブログを持とう

フリーランスで、クチコミで仕事が来続けるのは理想ですか、なかなか難しいというのが現状でしょう。
 
自分の得意なことや気になることをアピールするためにも、ブログを持って更新してみましょう!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿