WEBライターとして生活するための仕事獲得・管理術 フリーランス白書  » フリーライターの心得 » フリーのWebライターの報酬相場はどれくらい?

フリーのWebライターの報酬相場はどれくらい?

読了までの目安時間:約 3分

フリーのWebライターとして活動していこうと考えている人で、記事や仕事の単価が気になるという人も多いと思います。
 
ざっくりとではありますが、フリーのWebライターとして仕事がしたいという人向けに報酬の相場を紹介します。今後のために、参考にしてみてください。
 

専門性の低い仕事は単価が安い

ライター初心者だと、どうしても「初心者OK」や「経験不問」というような仕事を最初にすることになると思います。
 
ですが、そういった初心者向けの仕事は、誰にでもできるような仕事だと報酬の単価が低く、数をこなさないと満足な収入にならないことがあります。
 
専門性の低い仕事は、単価も1文字0.5円、1記事数百円などのように格安の報酬だったりします。
 

専門性があったり、大手メディアは単価が高い

専門的な知識や、深い知識が必要な案件は、それだけ文章のクオリティが上がってくるので単価も上がる傾向にあります。
 
1文字1円以上だったり、1記事10,000円などのように、作成する時間はかかっても報酬の単価が高い場合があります。
 
もしくは、大手メディアに寄稿するという形になると、さらに原稿料として高めの報酬を得ることができるかもしれません。
 
ですが、専門性のある記事を作成したり、大手のメディアに寄稿するには、それなりの知識と経験が必要になります。
 
文章が書けるだけでは、フリーのWebライターとして仕事をするのは難しくなるので、文章以外でも豊富な知識が必要になるのでライター初心者の人は、少しずつ報酬の単価を上げていくようにしましょう!
 

スキルによっては単価は上がる

ライターの仕事は、仕事の内容によって単価は大きく変わってきます。ですので、自分のスキルを上げていくことで報酬の単価も上がっていきます。
 
もし、ライター初心者でも単価が低く、時間のかかる仕事をしているというのであれば、その時間はもったいないかもしれません。
 
その時間は、専門的な知識をつける勉強をしたりして、自己投資をしたほうがいいでしょう。スキルを上げていけば、単価もあがっていくので自分のライターとしての価値を磨くようにするといいでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿